宇美町で歯医者(歯科)をお探しなら、しのざき歯科クリニックまで!志免町・須恵町からの来院も便利です。

予防矯正

かむかむクラブ

しのざき歯科ブログ しののブログ

インスタグラム

EPARK歯科 ネット予約受付中

HOME»  予防矯正

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法とは?

小児の大切な時期こそ「プレオルソ」です。

永久歯に生え変わってからでは、すべての歯にギラギラした装置をつけるいわゆる「本格矯正」になりますが、この治療法であれば小児(6才~10才)の骨の軟らかい時期に使うことで、非常に大きな効果が期待できます。

取り外しのできるマウスピース式なのでお子様が嫌がりません。

固定式の装置は、違和感や痛みが強いですが、マウスピース式は、それがほとんどありあません。装着時間は就寝時と家にいる時のみで十分です。また、食事の時に装置をはずせるので、虫歯の心配がありません。

必要十分実用的な「咬みあわせ」と「歯ならび」を実現します。

「プレオルソ」は、ギラギラした固定式の装置を用いて治療を行う本格矯正とは異なり必要十分で実用的な80点の「咬みあわせ」と「歯ならび」を目指しています。

僕らくらいに始めるといいんだって 柔らかくて取り外しができる装置なんだって

実は一番気になるお金の問題。「プレオルソ」は予算的に一般の矯正よりも始めやすい治療です。

この治療法のために開発した新素材のマウスピースを使用するので、個々の口腔内への調整がしやすく、治療効率が良いためです。

ご両親が非常に気にされている「お口ポカン」に代表される口呼吸を鼻呼吸へ促します。

「プレオルソ」は「咬み合わせ」と「歯ならび」を改善すると同時に機能的な側面「口呼吸から鼻呼吸へ」が非常に重要と考えています。

マウスピースを使うこの治療法は子どもの成長発育にとても大切です。

装置を使う時間はどのくらいですか?

家に帰ってから起きている間に「1時間」と「寝る時」に使います。
学校に持っていく必要はありません。

治療費が気になるよね。 鼻で息をするのも大事なんだね。 なんでもちゃんと食べれる歯がいいね。 学校では使わなくていいみたい。

「予防矯正」のために開発されたマウスピース式装置

柔らかい

こどもが一番嫌がる堅いレジン(プラスティックの様なもの)でなく、ポリウレタン製の柔らかい素材でできており、装着感が非常に良いので装置を嫌がらずに使うことができます。

プリフォーム(既製品です)

こどもにとって歯型を取る(粘土みたいなものをお口の中に入れる)ことは非常に高いハードルです。プレオルソのために開発したこの装置は既製品ですので歯型を取る必要がありません。

調整が簡単

従来の矯正装置は調整が非常に頻雑で嫌な臭いがしましたが、この装置は熱可塑性(熱を加えることで自由に調整できる)の素材でできており、お湯を使った簡単な調整をする事により顎を広げたり、個々の口腔内に合わせることができます。

プレオルソについて

プレオルソ歯並びの改善と共に舌や口の周りの筋肉も鍛えるので口呼吸の予防にも効きます。

プレオルソの効果

口呼吸の90%は低位舌が原因

  • 鼻呼吸の改善
  • 舌位の改善
  • お口の周りの筋肉を鍛える
  • 嚥下の獲得
  • 歯牙移動の場の獲得
  • 口唇癖の防止
  • 唾液分泌促進

プレオルソをいれた60%の子供がよく食べるようになったという報告もあります。
歯並びを良くすることで舌の位置も良くなり、姿勢に影響し、鼻呼吸につながります。

TOP