宇美町で歯医者(歯科)をお探しなら、しのざき歯科クリニックまで!志免町・須恵町からの来院も便利です。

入れ歯・義歯

かむかむクラブ

しのざき歯科ブログ しののブログ

インスタグラム

EPARK歯科 ネット予約受付中

HOME»  入れ歯・義歯

バネの見えにくい入れ歯

部分入れ歯をお使いの皆さんは、金属のバネを歯にひっかけていらっしゃると思います。このバネにより、入れ歯を横揺れやしずみ込みからなるべく防いでいる仕組みです。
噛む力はかなり強いので、バネも強い維持力や把持力を持つ金属でないと簡単に折れてしまいます。これがバネが金属である理由の一つです。しかし、奥歯にバネをかけるならともかく、前歯にかけていらっしゃる方は見た目が気になる方も多いのではないかと思います。

その悩みを減らすために『バネが見えにくい入れ歯』があります。
入れ歯の素材も普通のものより強いプラスチックを使い、バネも歯ぐきと同じ色のものを使い、見た目に入れ歯とわかりにくい構造になっています。
見た目を良くする、普通の入れ歯より強い樹脂を使う・・・という一歩進んだ治療のため、保険適用ではありませんが、見た目を気にされる患者様には好評です。

セレーブデンチャー


左:セレーブデンチャー  右:部分床義歯

「セレーブデンチャー」とは、一般的にノンクラスプデンチャーといわれる種類の入れ歯で、美しさと付け心地を追求した「特殊素材」で出来ています。従来の部分入れ歯にあったクラスプと言われる金属の留め金を取り去った、画期的で美しい新世代の入れ歯です。

部分床義歯(保険の入れ歯)

部分床義歯は、1本~数本の歯を失った場合に受ける治療で、残っている歯が1本でも対応可能です。 部分入れ歯は、自分の歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の義歯床[ぎししょう] と、残っている歯に固定するための留め具で出来ています。 保険適用の場合の素材は、人工歯と義歯床はプラスチック(レジン)で、クラスプは金属となり、 その他の素材をご希望される場合は、保険適用外(自由診療)となります。

TOP