宇美町で歯医者(歯科)をお探しなら、しのざき歯科クリニックまで!志免町・須恵町からの来院も便利です。

歯科治療コラム

かむかむクラブ

しのざき歯科ブログ しののブログ

インスタグラム

EPARK歯科 ネット予約受付中

HOME»  歯科治療コラム

歯科治療コラム

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

妊婦さんの歯科治療

妊婦さんは、つわりで歯磨きが難しくなったり、歯周病菌の好むホルモンが盛んに分泌されるので、むし歯菌や歯周病菌が増えやすくなります。そのため歯が痛くなったり、歯茎が腫れたりすることがあります。
 妊娠中でも、基本的には通常の歯科治療を受けられます。しかし、そうしたときに気になるのが、歯科治療で使われる麻酔薬やレントゲン撮影がおなかの赤ちゃんに影響を与えるかどうかですね。その点について説明します。
 
①歯科の麻酔薬
歯科治療で一般的に使用されているのがキシロカインという局所麻酔薬で、これは無痛分娩や帝王切開にも用いられてるので問題はありません。また胎盤などを通じておなかの赤ちゃんに麻酔薬が届くこともありません。
このように問題がない麻酔薬が使用されてるので安心です。
 
②レントゲン撮影
歯科医院でのエックス線はお口に照射されるため、腹部には直接当たりません。また被ばく量も母体やおなかの赤ちゃんに影響を与える量ではありません。さらに撮影時に防護エプロンを着ると、腹部の被ばく量をさらに減らせます。
 
 
治療を躊躇すると思わぬ悪化をまねくこともあるので、症状が軽いうちに歯科医院で検査を受け、産科の主治医と相談しつつ、体調に合わせて治療を受けましょう。

2018-07-31 09:54:13

コメント(0)

☑口呼吸チェックリスト

何度かコラムでも問題点をお話させて頂いている口呼吸ですが、実際にご自身のお子様が口呼吸かどうかわからないという方が多くいらっしゃいます。ですので今日は口呼吸のお子様の特徴をいくつか挙げてみたいと思います。
⒈鼻がよくつまる
⒉口がポカンと開いていることが多い
⒊猫背
⒋食事が遅い
⒌食事中にペチャペチャ音をたてる
⒍発音が不自然
⒎飲み込むときに舌が前に出る
⒏寝汗をかく
⒐就寝中に立ったり座ったりする
⒑寝ぼけて徘徊したり、叫んだりする
⒒おねしょする
⒓目覚めが悪い
⒔中耳炎になりやすい
⒕風邪をよくひく
以上のようなことに心当たりがあれば、是非一度ご相談ください。

 

2018-07-30 18:23:15

コメント(0)

歯ブラシの交換時期について

歯ブラシの使用日数が経過すると、毛先が広がり弾力性もなくなってきます。当然、歯垢除去率が悪くなります。また、歯ブラシの毛や植毛部に細菌が繁殖し、菌のコントロールが困難になってきます。
ですので、基本的に1日2~3回歯磨きしている場合、歯ブラシの交換目安は1ヶ月が望ましいです。また1ヶ月経っていなくても毛先がっ広がっていたり、白く濁っていたりする場合、その時点で歯ブラシを交換されることをおすすめします。
劣化した歯ブラシを使い続けると、取り残した歯垢がむし歯や歯周病の原因となるだけでなく、毛先やヘッドに付着した細菌が繁殖するため、衛生上の観点からも良いとは言えません。

歯ブラシを変えたことで格段に磨きやすくなり、口腔内の清掃状態も良くなり歯みがきが好きになった方もいらっしゃいます。生涯自分の歯でおいしいものを食べ、人生を健康で楽しんでいけるように今ある歯を大切にしていきましょう。

2018-04-10 11:21:32

コメント(0)

指しゃぶりについて

お母様、お父様にとってお子様の指しゃぶりは悩みの種ですよね。
指しゃぶりは食べ物を食べようとするための口の発達を促しますので、乳児のころから目くじらをたて過ぎずに、成長とともに指しゃぶりが少なくなっていく過程を見守ってあげましょう。
しかし、後々歯列不正への影響を与える可能性があるのも事実です。
歯列への影響を考慮すると乳歯が萌出開始してから生えそろう4歳くらいまでを目安に徐々にやめるようにしてみましょう。
指しゃぶりをやめさせたい時は、直接指摘するのではなく、どのようなきっかけで起こるのかを観察してみましょう。
手持ち無沙汰にしているようならボール遊びやブロック遊び、手を使う運動、外遊びなど子供が興味を持って楽しめるような遊びに誘いましょう。
就寝時であれば添い寝をしながら保護者の手を握らせるなど、口からほかの場所に気持ちが向くような「指」の代わりになるものを考えましょう。
おしゃべりや親子の触れ合いの機会を増やすことでその頻度は減っていきますので、お子様とたくさん触れ合って指しゃぶりを卒業できるといいですね。

 

2018-01-10 11:15:21

コメント(0)

根っこの治療とは?

歯の根っこの治療とは、炎症を起こしている細菌を口の中から徹底的に追い出し、減らす事により炎症をとめ、治癒に導く治療です。
針のような細い器具で歯の中にある極細の神経を取り除き、神経の通っていた細い管を清掃します。一筋縄ではいかないケースも珍しくありません。こんな不利な条件下で、歯科医師は歯の中を徹底的に掃除し、消毒をして細菌を減らし、残った細菌が身動きできないようにピタリと歯にフタをして活動を封じ込みます。根っこの治療には様々な困難がありますが、成功した時のメリットは大変大きいです。抜くしかなかったはずの歯を、被せものをして使い続けることが出来るからです。
また、根っこの治療の間隔は空けすぎないようにしましょう。仮のフタは掃除をした歯の管に細菌が入らないようにする重要な役割ですが、簡単に外すことが出来るものなのです。仮のフタの限界は4週間程度と言われており、治療の間隔が1ヶ月以上も空くと、フタの隙間から細菌が入りそれまでの治療が無駄になってしまうことがあります。ですから、治療の間隔は空けずに終わらせましょう。

2018-01-10 10:50:12

コメント(0)

ナイトガードについて

夜寝ている時の歯ぎしりや食いしばりはコントロールが難しく想像以上に顎や歯に負担をかけていて、その人の体重の5倍ぐらいの力がかかっていると言われています。

そのことで歯が欠けたり、割れたり、噛むと痛かったり、顎が開きづらくなったり、音がなったりと様々な症状を引き起こすことがあります。

歯や顎に加わる過剰な力を減らすにはナイトガード(マウスピース)の使用をおすすめしています。

ナイトガードは就寝時に使用していただくもので、患者様の歯型を取り、それにあわせてナイトガードを作ります。(保険適用です)。

就寝中に装着すると強く噛み込もうとしても、スルスル滑って力が分散しやすくなり、強く噛み込んだとしてもナイトガードが削れることで、歯や顎に加わる力の害を緩和することができます。

起床時に顎が疲れてる、痛いなどの症状があるときは、その原因や治療法など早めに歯科医院を受診しご相談されることをお勧めします。

2018-01-10 10:12:18

コメント(0)

睡眠時の呼吸について


どうでしょうか。

ご自分のお子さんに当てはまる点はありませんか?

鼻炎や鼻づまり、よく口が開いている子、扁桃腺が腫れやすい子などは当てはまりやすいかもしれません。

もしかしたら大人になる前の咬合育成で改善できるケースもあります。

 

気になる方は当院までご相談下さい。

2017-10-17 12:33:53

コメント(0)

妊娠期の食生活

妊娠期では、規則正しい食生活・食習慣を心がけ、消化吸収が良くて、ガスがたまりにくく、栄養価の高い食品を選択し、嗜好に合わせた食品・調理法を工夫して必要な栄養量を摂取しましょう。

そして妊娠期全般にわたり便秘予防、初期ではつわりや貧血対策、中・後期では肥満や妊娠高血圧症候群などの予防が大切です。(喫煙や飲酒は、未熟児や低体重児、流産、早産、死産を招くことがあり、新生児死亡率を高めるので控える)

 

~欠乏すると赤ちゃんの歯の形成に問題が起こる栄養素~

・タンパク質…歯の形成不全、石灰化不全

・カルシウム(Ca)とリン(P)…この2つは歯の主成分です。その割合が重要ですが、Ca/P比が低いと形成障害が強くなる傾向がある

・ビタミンA…エナメル質形成不全

・ビタミンC…象牙細管の配列走行不規則や骨様象牙質の形成

・ビタミンDCaPの量的バランス維持に関与し、欠乏するとエナメル質減形成、矮小歯、円錐歯、栓状歯がみられ、歯の萌出遅延を来たす

2017-08-05 16:38:53

コメント(0)

就寝時の歯ぎしりや食いしばりについて

就寝時の歯ぎしりや食いしばりについて、お悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
歯ぎしりや食いしばりは寝ている間に無意識に行われているものなので自分自身では気づきにくいものです。
歯ぎしりや食いしばりを抑える一つの方法として、使用されているのがナイトガード(マウスピース)です。
透明のプラスチックやゴムのような素材でできており、上の歯全体を覆う形になっているのが一般的です。
 
次の場合はナイトガードをつけてみてたほうがいいかもしれません。
 

  • 家族から歯ぎしりを指摘される
・・・・ナイトガード装着により歯ぎしりの不快な音も解消されます
  • 朝起きると顎がだるい、こわばる、痛い
・・・・夜間に力を入れて歯ぎしりや食いしばっている可能性が高いです
  • 噛むと歯に違和感や痛みがある
・・・・むし歯ではないのに違和感や痛みの症状がある場合、歯ぎしりや食
  いしばりによって歯の周囲の歯根膜を傷つけてる場合があります
  • 歯がしみる
・・・・歯ぎしりや食いしばりが続くと、歯が削れたり、歯の根元が欠けて
  しまうことでしみることがあります
  • 詰め物や差し歯がよく脱離する
 
ナイトガードを装着することにより、歯ぎしりや食いしばりによる歯や顎の関節にかかる過剰な力を軽減することで、歯や顎を守ってくれます。
 
一度、歯科医院にご相談してみてください。

2017-07-21 15:29:59

コメント(0)

型とりが苦手なアナタへ!

歯医者で型とりといえば、ドロドロした気持ちの悪いモノを固まるまで口の中に入れて待っておかなければならない・・・想像しただけで涙目の方も多いと思います。そんなアナタへ朗報です!
カメラで撮影するだけで被せものが出来るようになりました。


 



当院で新しく導入したセレックオムニカムという機械を使えば、上の写真のようなカメラでお口の中を撮影するだけで3D画像となり、それを元にセラミックの被せ物や詰め物を短期間で製作出来るようになりました。是非この機会に目立つ金属の被せ物を白いセラミックの歯に変えてみませんか?何より近未来感を楽しんで下さい。

 

(歯の状態によってはセレックオムニカムが使用できないこともあります。またセレックオムニカムでは保険の金属の製作はできませんのでご注意ください。)
 

2017-05-16 14:04:45

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
TOP